事故車を売る時に注意して欲しいのが、事故者であることを内緒にしないことです。これをしてしまうと、お店側の信用を失うことになりますので注意してください。

基本的にお店に車を売る時に車の確認をします。それをすることで車の査定をするのですが、その時にキチンと事故車で在ることを知らせることをしてください。忘れていて、言い忘れたなどは在るでしょうが、行為的に隠している場合は、結構信用問題ないなる場合があり、交渉に良くない状態になります。事故車であるか、そうでないかは、意外に調べることが簡単でしょう。それなのに事故車であることを知らせずに取引をしていくとお店の方としてもあまり良いイメージを与えないでしょう。だから、交渉も良くならず最悪かなり価値を下げる結果になる場合が在りますので注意してください。

事故の状態にもよりますが、大きな事故などなら必ずその痕跡が残ります。修理したとしても、結構残るので調べることで事故車であることを判断することが出来るでしょう。だから、事故車で在るなら正直に話すことをオススメします。それなら、お店の人も好印象を持つことが出来るので、交渉時にとても良いアドバンテージになるでしょう。
このように事故車で在ることを内緒にするのはオススメ出来ません。しっかりと知らせるようにしましょうね。

最近の投稿