旧車

| 車種 |

旧車とは、簡単に言ってしまうと、年代の経った車です。
定義は様々です。
また、定義が変われば、旧車、ヒストリックカー、ビンテージカー、クラシックカー、ノスタルジックカーと、呼び方も変わります。
主に、「数十年以上前に製造された車」と経過年数で判断する場合と、製造年代で区別する場合と、2つあります。
F?d?ration Internationale des V?hicules Anciens (FIVA)とは公道ラリーを主催する団体で、クラシックカーの基準は「生産されてから25年以上経ったもの」としています。
日本クラシックカークラブでは、「1945年までに生産されたもの」としています。

分け方については主観が大きいのです。
先に出した「生産されてから25年以上経ったもの」も、年代によっては旧車と呼ぶものではないと思うかもしれませんが、自動車免許を取れるようになったばかりの若者にとっては旧車以外の何物でもない、と判断することもあると思います。
グレーゾーンはどこにでもあるものですが、主張を押し付けないようにしましょう。

古い年代に作られたものは、その時期の世相を反映しているのでしょう。
良さは人それぞれが感じるものですが、年代が古いゆえの良さというものが存在していて、それをわかりあえる仲間がいるのは楽しいことだと思います。

すでに廃版になってしまい修理に出せない時でも、そういったつながりから思わぬ成果が生まれるかもしれません。

最近の投稿