多くの方が気にする中古車買取価格ですが、これにはまず相場があり、そこからいろんな要素が加わっていく事で決まります。では、基準となる自動車買取価格の相場はどのように決まるのか説明します。一般的には、業者が行うオートオークションの状況によって相場が決まります。しかし、その相場自体にも基準となるものがあるはずです。それは、「中古自動車査定制度」が定めた中古自動車査定基準というものがあります。これが本来の相場と呼ばれるものになります。「中古自動車査定制度」に関してですが、車の資産価値を適正に査定するために運用された制度なのです。これがある事で、消費者の不安要素はなくなります。また、この制度を作った(財)日本自動車査定協会は、国土交通省と経済産業省の指導のもとに設立された信用できる団体です。この団体の目的は、中古車の査定時における疑問に答え、きちんと安心感を与える事です。中古車が、適切な資産価値を持ち、正規のルートで流通するように取り締まりを行っています。また、中古車を査定する専門家は、民間の資格試験に合格する必要があります。試験に合格後、中古自動車査定士である事を協会に登録することで、適切であり信頼性のある中古車流通が現実になっています。このように、オークションの相場も含め、車の状態について加味されていき、最終的な車買取価格は決まります。売る側が気を付ける事としては、業者間で決まる買取価格の相場を把握する事が大切になってきます。

最近の投稿