中古車取扱店には大きく分けて2つの流通形式があります。1つめは「買い取った車は自社で在庫管理し、販売も行う」というお店。ディーラーもそうですが、一部中古車チェーンでもあります。長所といたしましては、基本的に直接買取り(下取り)直接販売、のシステムを採用しているケースが多く、中間業者を挟まないので余分なマージンがかからないため、高価買取りが可能であるということです。また、業者によっては大型の展示場があるため、休日にゆっくりと利用者の目で直接、車を見て回れるというのもメリットです。欠点としては、在庫維持コストが車買取価格に影響しているということです。2つめは「買い取った車はオークションへ出品、自社での在庫管理は行わない」というお店。買い取った車は自社運営か、あるいは提携先のオークションへ出品して自社では一切在庫を持たないので在庫維持コストがかからないというものです。また、この方法ですと購入の際にもメリットがあり、オークションというのは規模が大きいため、利用者が欲しいという車を見つけてもらいやすくなるのです。欠点といたしましては、オークションへの出品に費用がかかるためその分が車買取価格に影響しているということでしょうか。どちらの方法がご自分の車を売る際に合ってるシステムか見極めた上で利用する必要があります。店舗によっては両方のやり方を採用している場合もありますので、事前に調べておくと良いでしょう。納得のいく車買取価格を出してもらうためにも、まずお店選びが大事なのです。

最近の投稿