車買取価格がどのようにして決まるのかご存じでしょうか?これについて説明する前にまず、お店の流通システムについて理解しておく必要があります。大手の中古車専門店には大きく分けて2種類あります。1つ目は「カーオークションと提携し、買い取った車をオークション経由で売却するお店」2つ目は「原則、自社で全て直接取引を行うお店(例外としてオークション経由での取引もある)」です。前者のお店ならば、オークションでの相場が車買取価格に影響してくるといって良いでしょう。利用者へのメリットとしては「自社では一切在庫を持たないため、その分のコストが浮いて高価買取につなげることができる」ということです。オークションで人気の高い車ほど高くなる可能性が高いので、人気車種をお持ちならばこういったお店を選ぶと良いでしょう。海外の市場と連携している業者もありますので、そのお店の得意分野を調べてみると良いと思います。ただし、オークションへの出品手数料など、中間業者へのマージンが利益に反映されているため、一概に高いとはいえない部分もあります。後者のお店の場合、自社で在庫を抱えているため、展示場で直接、車を見て購入できるのがメリットです。やはり自分の目で見たほうが安心できるという声もありますので、どちらかというと買取ではなく購入の場合にメリットがあるタイプのお店といえます。原則として直接販売・直接買取のため、余分な中間業者へのマージンもかかっていません。デメリットは膨大な在庫にかかるコストです。このコストが高価買取を難しくしているという意見もあります。また、オークションのように自社以外の相場の影響を受けにくいため、人気車種を見分けるのが難しいかもしれません。このように流通システムの違いがあるため、お店によって車買取価格が変わってくるのです。

最近の投稿